保湿力の高い化粧水はこう選べ!

年齢を重ねるごとに浸透しにくくなる化粧水。

 

「たっぷり水分をお肌に与えてあげたいのに思うように入っていかない!」

 

そんなお悩みをお持ちの方も多いことでしょう。

 

そう、実はこれはお肌の新陳代謝が悪くなっていることによって起こる現象で、新陳代謝を高めるためには保湿を徹底するほかないのです。

 

難しいですよね(^_^;)
保湿をしなきゃお肌の代謝機能がUPしないのに、充分な保湿ができない…。
これでは負のスパイラルを抜け出すことができません。

 

そんな時は、使っている化粧水を変えてみるのもひとつの手段です◎

 

化粧水の浸透に不満があるときの化粧水の選び方。
そのポイントは「浸透力」と「うるおい」の2点に工夫がされているかどうかという点です。

 

また、お肌のうるおいを保つために必要不可欠な「保水力」のある成分が配合されているかというところもチェックしたいポイントですね。

 

ちなみに、お肌の水分を抱え込む「セラミド」ですが、セラミドの生成を促進する成分が含まれている化粧水も個人的にオススメです◎

 

特定の成分を“直接補う”方法と、肌内部に存在しているセラミドやコラーゲン等の成分の“生成を促す”方法。

 

この2つを同時に叶えてくれる基礎化粧品を選ぶとより高い効果を得ることができますので、この点にも注目した選び方をするのも良いでしょう。

 

化粧水なんてどれも同じだと思ったら大間違い!
選び方次第でお肌は見違えるように変わるので、諦めずに自分に合ったものを探してあげてくださいね(^_-)-☆

冷水洗顔で毛穴が引き締まるってホント?!

「毛穴を引き締める効果がある!」と言われてきた“冷水洗顔”。

 

“冷水洗顔”とは文字通り、洗顔時に水を使うことを言うのですが…実は冷水洗顔に毛穴引き締め効果があるというのは誤った情報だったのです!

 

実際に洗顔前の毛穴の状態と水で洗顔したあとの毛穴を状態をマイクロスコープカメラで比べてみても、まったく毛穴の大きさに変化はありませんでした。

 

しかも冷水洗顔にはもうひとつ「血流を悪くしてしまう」というデメリットがあり、美容皮膚科のドクターは冷水洗顔を“絶対にやってはいけない美容法”のひとつとして紹介しているほどなのです。

 

洗顔する際に適した水温は35度程度のぬるま湯で、ぬるま湯と水を交互に使用することでより血流を促す効果が期待できるんだそう♪

 

確かに足がむくんだときにも、お湯と水を交互にかけると血流が促進されてむくみ解消につながるっていいますからね(*^_^*)

 

これと同じ原理なのでしょう。

 

ですが注意点として覚えておきたいのが「熱すぎるお湯はこれまた危険!」だという点です。

 

お湯の温度が高すぎると皮脂を取りすぎてしまい、お肌が非常に乾燥しやすくなってしまいます。

 

冷水洗顔を実践しているかたは、この機会に洗顔方法を見直すことをオススメします(^_-)-☆

関連ページ

いちご鼻にならないためには?【"2つ"のポイントをご紹介!】
いちご鼻にならないための2つのポイントを紹介しています。