もしかして曲がり角?!30代はクレンジングに要注意!

年齢肌を感じやすくなる30代。
数年前まではスッピンでもそこそこ通用したのに、いつの間にかお肌のうるおいやハリが失われてきた気がする…と感じている方も多いのではないでしょうか?

 

それもその筈。
お肌の中でうるおいやハリを支えているヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの成分は、20代から減少しはじめ、30代に突入するとその影響がお肌に出てきてしまうのです。

 

だからこそ毎日のスキンケアはしっかり考えて行うことが大切!

 

30代のお肌は、「とりあえずスキンケアをしていればOK」とは言えない、将来の肌状態を左右する大事な時期なのです◎

 

特に注意したいのが、クレンジング。

 

くすみや毛穴の開きといったあらゆる肌トラブルに大きな影響を与える乾燥は、洗浄力の強いクレンジング剤の使用によって引き起こされるケースが多く、肌乾燥を防ぐためにはお肌にやさしいクレンジングアイテムを選ぶことが重要になってきます。

 

ちなみにクレンジングの中で人気のあるオイルタイプやジェルタイプのものは洗浄力が強い製品が多いため、お肌へのやさしさを考えるならマイルドなクリームタイプのものがオススメです。

 

クリームタイプのものは適度な油分と水分をバランスよく含んでいるので油性のメイクとのなじみもよく、決してメイク落ちが悪いわけではありません。

 

人気があるからなんとなくオイルタイプのものを使っているという方は、一度クリームタイプのクレンジングをお試ししてみてはいかがでしょうか?

 

また、落としやすいメイクを心がけることも大切です◎
化粧品の厚塗りはただでさえお肌に負担がかかり、落とすときにも非常に大きな負担がかかってしまいます。

 

プラスするばかりの美容法は、お肌にかかる負担が増えるということも念頭におき、シンプル美容に目を向けるのもお肌のためと言えるでしょう。

 

たかが美容!されど美容!
未来の自分のためにも、その年代に合った方法でケアに取り組むことをオススメします。

年齢に負けない!40代が輝くためのスキンケア法まとめ♪

40代はシミやシワが目立ち始めるお年頃!

 

少しずつ女性ホルモンが乱れはじめることや、長年浴びてきた紫外線の影響によって30代の頃よりも、より肌機能の衰えが出やすくなる年代です。

 

ですが、40代だからと言って諦める必要はありません。
30代でも40代でも50代でも、その年代に合った美容法を取り入れていれば、若々しいお肌を保つことができるのです♪

 

今回は、そんな40代が知っておきたい美容法のポイントをまとめていきましょう◎

 

@シミのお手入れを徹底的に!
上述のように40代に突入すると、これまでに浴び続けた紫外線が表面に出やすくなります。
もしシミができてしまったら?
そんな時に頼りになるのが「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」といった美白有効成分です。

 

また、新しくシミを作らないためのシミ予防に効果的な美白有効成分「アルブチン」や「トラネキサム酸」などが配合されているものをチョイスすると、すでにできてしまったシミと未来のシミ予防の両方にアプローチすることができます。

 

ビタミンC誘導体は、できてしまったシミへの還元作用と予防のどちらにも効果を発揮してくれるので、ビタミンC誘導体配合のアイテムが一番手っ取り早いかもしれませんね(*^_^*)

 

Aターンオーバーを促進せよ!
ターンオーバーの低下は乾燥やくすみだけでなく、メラニンの排出を妨げシミを作る要因にもなります。

 

とは言え、ターンオーバーの周期は年齢を重ねるとともに長くなっていくもの…。
だからこそシミを作らないためにはターンオーバーを促す美容法を取り入れていくことが大切なのです◎

 

自宅で簡単にターンオーバーを促進する方法。
それはピーリングです。

 

ドラッグストアや楽天などではホームケア用のピーリング剤が数多く販売されています。
手軽にお試しできるトライアル品も売られているので、興味がある方は一度ご覧になってみてください♪

 

ですがピーリングも少なからずお肌に負担をかけるものですので、頻繁に使用することはオススメできません。

 

ピーリングをする際は、説明書きにある使用頻度しっかり守り、その後の保湿はいつも以上に入念に行うようにしましょう◎

50代が勝負時!衰え知らずのお肌を作る方法とは?

シワやたるみが加速し、お肌が大きく変化する50代。
50代で肌老化が加速する大きな要因となっているのは「ホルモンバランスの変化」です。

 

この時期は更年期も後半にさしかかるとき。
女性は閉経を迎えると、女性ホルモンの分泌がほとんどなくなりますが、この女性ホルモンというものは女性の美を陰ながらサポートしてくれていた功労者なのです。

 

その女性ホルモンの分泌がストップすることでお肌の老化は加速し、それまで以上にシミやシワ、たるみといった“年齢肌”が目立つようになってしまう、というワケなんですね。

 

そんな50代の美容法は、高い意識をもって取り組むことが大切!

 

「衰えていくお肌をいかにキープできるか」は、取り組む美容法によって大きく異なることをしっかりと頭に入れておく必要があります◎

 

50代の美容法の中でも特に注意したいポイント。
それは、保湿化粧品の選び方です。

 

「年を重ねるとともに化粧水や美容液の浸透が悪くなってきた」と感じている方も少なくないのではないでしょうか?

 

これはお肌の新陳代謝の衰えによるもので、肌の代謝をUPさせるためには保湿ケアが非常に重要なカギを握っているのです。

 

若々しくうるおいのあるお肌を保つためには、充分な水分を与え、しっかりとうるおいを閉じ込めてくれる「浸透力」と「保水力」に優れたあるアイテムを選ぶことが大切です。

 

高いものや新しく発売されたものだからといって飛びつくのではなく、今の自分のお肌に必要な成分・機能が備わっているかをきちんと見極めて選ぶようにしましょう◎

 

関連ページ

保湿力の高い化粧水の選び方は?【知って"得する"ポイント!】
保湿力の高い化粧水の選び方をまとめました。
いちご鼻にならないためには?【"2つ"のポイントをご紹介!】
いちご鼻にならないための2つのポイントを紹介しています。
【意外と知らない!】効率よくお肌にセラミドを補給する方法って?
意外と知らない!効率よくお肌にセラミドを補給する方法♪
ドラッグストアは割高?ドンキでスキンケアを買う人が急増するワケは?
ドンキホーテで基礎化粧品を購入する人が多いワケをまとめました。